借りやすいサラ金の金利について

銀行や信用金庫などの金融機関から融資を受けるには厳しい審査が待ち構えているため、自信がない人には申し込みを躊躇しがちな相手になります。一方、借りやすい相手としてよく名前があがるのが、サラ金です。なぜこのような評価を得ているのかといえば、金利が関係してきます。
借りやすいサラ金では、金利が高めに設定されている例がほとんどです。大手のサラ金で比較すると、おおよそ4%台~18%台の利率が設定されています。金融機関であると、2%台~15%台のところが大半を占めます。サラ金の最高限度額が500万円~800万円なのに対し、金融機関だと300万円~1000万円の最高限度額のサービスがよく見かけられます。
利率の低さは最高限度額の高さも関係してきますが、きちんと返済できる能力がある人ほど信頼される傾向があり、そのような人に対して利率を低めに設定することで、新規の顧客獲得に活用したり、末永く利用してくれる顧客を大事にしようとします。その代わり、返済能力の高さをきちんと審査しますので、サラ金よりも厳しめになるケースが多くなっています。
利率が高めであれば、やや収入や立場に不安があっても審査に通りやすくなります。これが借りやすいサラ金といわれる理由の一つです。借りやすいサラ金とはいえ、業者によって審査基準が異なりますので、場合によっては審査に落とされる可能性についても覚えておきたいところです。